やまぐち地ブログ

初挑戦!“電動ろくろ”でお皿作り☆《萩市》

萩市 | お知らせ | 2012.02.12 15:07

皆さんこんにちは!

「ふるさと萩食品協同組合」の阿部です。

 

先日、“吉賀大眉記念館”の方から、作品ができているという

うれしい連絡をいただき、早速作品を取りに行ってきました☆

すると…今まで作った作品が、6個もできていました!!

今日、紹介するのは去年12月に“電動ろくろ”で作った作品、

萩焼の「お皿」です!!

 

この日は初めて「お皿」にチャレンジしました!

作り方はかなり難しく、うまく説明できませんが…

(すみません。。。)

まずどんぶりを作るときのように縦にひいていき、

そのあと斜め上にひいて、ゆっくり外側に開いていきます。

まっ平らになるほど広げてもダメで、重力で倒れてしまうので

注意!少しだけ縁を抱え込むように作るといいそうです。

成形中、ゆがんでしまったり、底に粘土がたまってしまったり…

とハプニングが起き(笑)、まだまだ自分の集中力や慎重さが

足りなかったところを反省。。。。

最後に、縁をなめし皮で滑らかに整え、糸切りをして成形が

完成!!

20120212140119.jpg

Aさん、指導&修正ありがとうございました!

 

そして、“吉賀大眉記念館”で乾燥、素焼き、釉薬付け、

本焼きが行われ、きれいな作品に仕上がりました♪♪

20120212140320.jpg

素朴で柔らかく、優しい色の「お皿」です☆

しかもシンプルで使いやすい形☆

陶芸は作るときはもちろん、できた作品を見て、

作ったときの反省をしたり、どんな料理を入れるか考えたり

するのも楽しいんです!

吉賀大眉記念館”の皆さん、ありがとうございました!!

 

先日、“なるべく自分の手で作る!!”ということを目標に

作った「お皿」に、和食料理の定番「肉じゃが」を入れて

食卓に登場させました♪

20120212140506.jpg

もちろん、とっても美味しかったです♪

ちなみに、「肉じゃが」は明治時代、ビーフシチューのレシピを

もとにして、日本海軍で作られた物が起源とされています☆

ビタミンCたっぷりのじゃがいもやカロテンたっぷりの人参

牛肉などを使う「肉じゃが」は栄養バランスがよく、カレーライス

と同じ素材を使うため補給の都合もよいこともあり、水兵の食事

として全国的に導入されたそうです♪

詳しくはこちらへ。

 

吉賀大眉記念館”で作った他の作品は、また後日

料理と一緒に紹介します☆
 

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

ページ上部へ