やまぐち地ブログ

【萩市】松陰の遺言(八重の桜 第5回)

萩市 | お知らせ | 2013.01.30 09:00

皆さん、「八重の桜」ご覧になっていますか?
3回~4回では、1855~1858頃の話が中心でしたね。
この頃、アメリカ行きに失敗した吉田松陰は、萩の野山獄に入れられ、その後、自宅(杉家)での謹慎生活を送ることになります。そして家族からの薦めもあり孟子などを講じることとなりますが、次第に多くの人たちが集まるようになったので、小屋を改修して塾舎としました。
これが有名な松陰の主宰した「松下村塾」です。
久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文など多い時では80名以上も門下生がいたようです。
松陰の過ごした「杉家旧宅」や「松下村塾」は、今も大切に松陰神社境内に保存されています。
ぜひ、ご覧になって下さい。

そして、松陰が伝えたかった事は何だったのか。ドラマをとおして一緒に考えてみませんか。

また、放送の最後「八重の桜紀行」で、松陰のことも紹介されるようです。こちらもお楽しみに
20130107135007.jpg

20130128151924.JPG

20130117200407.JPG

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ