やまぐち地ブログ

【萩市】萩産業フェスタ 開催!

萩市 | お知らせ | 2013.02.15 13:16

皆さん、こんにちわ。
萩商工会議所青年部と萩の木になるモノづくり協議会は、合同で、
「萩の木になるモノづくりプロジェクト 萩産業フェスタ 今こそ平成維新~萩のいいね!ここに集結~」を開催します。

萩市内にある様々な商工業製品、特産品、サービスなどの紹介が行われるほか、
木工・萩ガラスなどの体験コーナー
お楽しみ抽選会や企業ファッションショーなどの楽しい催しもあります。
ぜひ、会場で「萩のいいね!」を見つけて下さい。

日時:平成25年2月17日(日曜日) 午前10時30分~午後3時30分

場所:萩市民体育館

入場料:無料

内容:
①企業展示コーナー、飲食コーナー

②体験コーナー(木工、萩焼、萩ガラス、綿菓子、等の体験)

③企業ファッションショー

④お楽しみ抽選会(出展事業所等提供の景品がもらえる抽選会)

⑤出店企業による求人募集・就職相談会

問い合わせ
萩商工会議所青年部 TEL 0838-25-3333

詳しくは、こちら

http://www.facebook.com/hagisangyoufesta

20130215131459.JPG

 

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】「萩・椿まつり」(2月16日~)

萩市 | お知らせ | 2013.02.14 09:00

皆さん、おはようございます。
いよいよ「萩・椿まつり」がスタートしますよ。
萩市の笠山(虎ヶ崎)には、なんと約10haの敷地に25,000本ものヤブ椿が自生しているんです。
このヤブ椿が色鮮やかに花を咲かせる季節に「萩・椿まつり」が開催されます。
寒い時期に、可憐な花を咲かせる椿を愛でにきませんか?

開催期間:平成25年2月16日(土)~3月31日(日)
開催時間:10:00~16:00
会 場 名:笠山 虎ヶ崎
駐車料金:土日祝日につき、群生林近くの駐車場が有料(300円)
電話番号:0838-25-3139(萩市観光課 平日のみ)

20130201210346.jpeg

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】萩往還梅林園 開花状況

萩市 | お知らせ | 2013.02.12 11:00

皆さん、おはようございます。
まだまだ寒い日が続きますが、萩往還梅林公園では梅の花が開きはじめています。
現在は、2割~3割程度の開花となっています。(画像提供いただいたOさん有難うございました。)
また、この場所の近くには「涙松跡」という所があります。
幕末 吉田松陰が安政の大獄で江戸に送られる時に
「かえらじと思いさだめし旅なれば、一入(ひとしほ)ぬるる涙松かな」と
詠んだ場所です。
少し足をのばして梅の花とともに、歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

詳しい情報は、こちら

http://hagi-kankou.com/flower/scid_38/ssid_74/type_side/d.html

20130212124154.JPG

20130212124345.JPG

20130212124522.jpeg

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】萩人形展(2月3日~)

萩市 | お知らせ | 2013.02.02 09:00

皆さん、おはようございます。
萩の風景、城跡などを背景に、萩女の心意気を表現した日本人形と、
手作りのアート盆栽も一緒に展示をします。
萩人形は針金を中心に綿や布で作られる、高さ約12㎝の日本人形です。
可愛らしいお人形を、ごゆっくりお楽しみください。
開催期間:平成25年2月3日(日)~4月3日(水)
開催時間:9:00~17:00
会 場 名:伊藤博文別邸(萩市椿東)
入館料金:100円
電話番号:0838-25-3139(萩市観光課 平日のみ)

20130201203054.jpeg

詳しくは、こちら

http://hagi-kankou.com/event/185/

 

この時期は、「萩城下の古き雛たち」も開催中です。

http://hagi-kankou.com/event/74/

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】松陰の遺言(八重の桜 第5回)

萩市 | お知らせ | 2013.01.30 09:00

皆さん、「八重の桜」ご覧になっていますか?
3回~4回では、1855~1858頃の話が中心でしたね。
この頃、アメリカ行きに失敗した吉田松陰は、萩の野山獄に入れられ、その後、自宅(杉家)での謹慎生活を送ることになります。そして家族からの薦めもあり孟子などを講じることとなりますが、次第に多くの人たちが集まるようになったので、小屋を改修して塾舎としました。
これが有名な松陰の主宰した「松下村塾」です。
久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文など多い時では80名以上も門下生がいたようです。
松陰の過ごした「杉家旧宅」や「松下村塾」は、今も大切に松陰神社境内に保存されています。
ぜひ、ご覧になって下さい。

そして、松陰が伝えたかった事は何だったのか。ドラマをとおして一緒に考えてみませんか。

また、放送の最後「八重の桜紀行」で、松陰のことも紹介されるようです。こちらもお楽しみに
20130107135007.jpg

20130128151924.JPG

20130117200407.JPG

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】笠山の椿が咲きました!(開花宣言)

萩市 | お知らせ | 2013.01.25 17:48

皆さん、こんにちわ。
いよいよ笠山の椿のシーズンがやってきましたよ。
というのも、本日、笠山椿群生林の開花宣言が行われたんです。
開花宣言というのは、基準木として指定した7本すべてに花が咲いたんです。
例年より少し遅い開花宣言となりましたが、今年は蕾が多く沢山の花を楽しむことができそうです。
開花が少し遅れたことから、3月頃が一番多く花を楽しむことができるのではと思っています。
2月16日からは「萩・椿まつり」も開催されますので、ぜひ足をお運び下さい。

イベント情報はこちら http://hagi-kankou.com/event/28/

20130125174418.JPG

20130125174559.JPG

20130117200407.JPG

 

 

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】萩城下の古き雛たち(2/3~)

萩市 | お知らせ | 2013.01.23 00:55

皆さん、こんにちわ。
寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
2月になると萩では、「萩城下の古き雛たち」というイベントがスタートします。
これは萩市内にある文化財施設などに約1,000体のお雛様を展示してお迎えするというものです。
時代の流れとともに移り変わってきた雛人形をゆっくりご覧下さい。

▼開催期間
 平成25年2月3日(日)~平成25年4月3日(水)

▼開催場所
 菊屋家住宅 (大人500円)
 旧久保田家住宅、 青木周弼旧宅、 口羽家住宅、 旧田中別邸、 旧湯川家屋敷(各100円)
 旧山中家住宅、 旧山村家住宅、 梅屋七兵衛旧宅、渡辺蒿蔵旧宅、田町商店街 (以上無料)
  ( )…観覧料

詳しくは、こちら

http://hagi-kankou.com/event/74/

20130123125131.jpeg

20130117200407.JPG

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】長州ファイブ パンフレット作成

萩市 | お知らせ | 2013.01.17 09:00

皆さん、おはようございます。
「八重の桜」第2回放送でもありましたが、吉田松陰は1854年(安政元年)ペリーの黒船に乗り込もうとしますが、失敗しました。
それから9年の月日が流れ1863年、イギリスに渡った萩藩士が
「長州ファイブ」と呼ばれる5人の若者です。
今年(2013)は、彼らが渡航して150年目となることから、パンフレットを作成しました。
彼らの業績とともに、萩に残る「ゆかりの地」をお楽しみ下さい。

□設置場所:萩市観光課、萩市観光協会、萩博物館
      萩市内宿泊施設、萩市文化財施設など

20130115193635.JPG

 

20130117200407.JPG

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】八重の桜 第2回放送

萩市 | お知らせ | 2013.01.16 09:00

皆さん、おはようございます。
八重の桜 第2回放送ご覧になりましたか?
冒頭のペリー一団が上陸するシーンは、萩で撮影されたシーンでした。
時期としては、1854~1856の話題が中心でしたね。

放送であったように、吉田松陰は日米和親条約を結びにきたペリー艦隊に乗り込もうとし、
失敗しました。
(実は、松陰は前年(1853)にも長崎にてロシアの船に乗り込もうとしていたんです。)
そして、萩の野山獄に入ることとなります。
この牢獄にいる間も松陰の学問に対する情熱は旺盛で、一年と少しの間に600冊以上の書物を読み、他の囚人たちとの勉強会をはじめました。
自らも講義をする一方で、書道や俳諧などを教わりました。
この獄中での教育は、後の松下村塾の原型とも言えるものです。

現在も、その一部が「野山獄跡」として残っています。ぜひ、ご覧になって下さい。
20130115213130.JPG

コメントはまだありません 続きを読む


【萩市】やむにやまれぬ心(八重の桜 第2回放送)

萩市 | お知らせ | 2013.01.09 13:00

1月6日からスタートしたNHK大河ドラマ「八重の桜」。
第2回放送のタイトルは「やむにやまれぬ心」。(1/13放送)

嘉永7年(1854)ペリー艦隊が再来し、日米和親条約が結ばれます。
この時、外圧にかつてない危機感を抱いていた吉田松陰は国をまもるためには
外国の事情を知ることが必要だと考え密航を企てますが失敗しました。

幕府に捕らえられた松陰は下田から江戸に護送される際、高輪泉岳寺にて
「かくすれば かくなるものとしりながら やむにやまれぬ 大和魂」と詠じました。

捕らえられることを承知しながらも、日本の将来を思えば行動を起こさずにはいられなかったのだと思います。

萩には「松下村塾」「至誠館(松陰神社宝物殿)」など、松陰の志に触れられる場所が多くあります。

20130107140640.jpg

20130107135007.jpg

20130107135201.JPG

1件のコメント 続きを読む


ページ上部へ