やまぐち地ブログ

錦帯橋国際シンポジウム 3 (岩国市)

岩国市 | イベント情報 | 2008.01.24 17:02

世界遺産登録へ向けて皆さんとともに考えていくため、
国内外から有識者を招き、基調講演と
パネルディスカッションを行う
国際シンポジウムを開催します。

 日時 : 平成20年1月27日(日)13時~17時
 場所 : ホテルかんこう
      (岩国国際観光ホテル ロイヤルホール)
 参加料: 無料

開会セレモニーに続いて

ミシェル・コット氏
「錦帯橋と世界の優れた橋」と題して基調講演をして
いただきます。
ミシェル・コット氏は、スペインのビスカヤ橋、
オランダの風車、フランスのミディ運河などの
世界遺産登録の調査を行った、元ナント大学技術史研究所長で
現在は国際記念物遺跡会議アドバイザーをされています。

その次に
エリック・デロニー氏
「アメリカにおける木橋から鉄橋への発展」と題して
基調講演をされます。
エリック・デロニー氏はアメリカ国内の歴史的な橋の
保存活動などを行っている
アメリカ国務省技術歴史記録国立公園局調査主任です。

続いて、
基調講演をされたお二人と

錦帯橋の調査や木造構造物の研究を行っている

小林一郎熊本大学大学院教授、
大熊孝新潟大学教授、
依田照彦早稲田大学教授、
佐々木康寿名古屋大学大学院教授、

そして平成の架け替え事業を行った

岩国伝統建築共同組合中村雅一理事長
ご参加いただきまして、

「世界遺産として見た錦帯橋の価値」と題して
パネルディスカッションを行います。

錦帯橋の魅力を再確認しながら国際的な価値を
高めたいと思います。

この国際シンポジウムへの参加は自由ですが、
定員は400名で先着順になります。
事前にお申し込みの方には、当日記念品を差し上げます
ので、ぜひ、下記まで参加のお申し込みを
お願いいたします。

 問い合わせ先

  岩国市観光課 世界遺産推進担当
   電話 0827-41-1115

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

※同時開催:錦帯橋野外資料展
      (吉香公園特設会場9:00~15:00)
      1/5スケールの錦帯橋模型の組み立て実演
      平成の錦帯橋型板展示
      話題の岩国鍋無料配布

 

 

♪♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩国の観光はこちら
http://www.city.iwakuni.yamaguchi.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020000&WIT_oid=icityv2::Contents::1165

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪♪

 

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

この記事に対するコメント

  1. ワインバカの独り言 より:

    新聞で読みました。行きたかったのですが、残念です。錦帯橋周辺は、歴史と文化と、自然がおりなすすばらしい地域だと思います。

ページ上部へ