やまぐち地ブログ

VRCGアプリ「ストリートミュージアムR」のご案内

津和野町 | お知らせ | 2019.08.14 16:26

江戸時代の津和野城の姿をVRCGで再現した映像がスマートフォン・タブレット向けアプリ「ストリートミュージアムR」(凸版印刷株式会社)で閲覧できるようになりました。

お手持ちの端末にアプリをインストールし、指定された地点に近づくと精密に再現された津和野城のVRCGをお楽しみいただけます。

その他機能として古地図と現在の地図を照らし合わせて町歩きができる機能や、VRで見ている場所がどんな場所であるかの音声ガイド機能がございます。

アプリについて詳しくは下記ページよりご覧いただけます

【ストリートミュージアム】 http://www.streetmuseum.jp/

 

コメントはまだありません 続きを読む


津和野【マンホールカード】8月7日から配布開始

津和野町 | お知らせ | 2019.08.06 19:51

GKP(下水道広報プラットホーム)が配布しているマンホールカード第10弾が発表され、

津和野のつわみんマンホールもマンホールカードとして採用されました。

令和元年8月7日より津和野町観光協会で配布しています。

デザイン

2019年8月7日からお配りする津和野町のマンホールカードに採用されたマンホールはこちら

どうやったらもらえるの?

津和野駅前にある津和野町観光協会の窓口(午前9時~午後5時)でお声がけください。

※その際、簡単なアンケートにお答えいただきますのでご了承ください。

マンホール×街歩き

また、このフルカラーつわみんデザインの他にも、殿町デザイン、ノーマルつわみんデザインのマンホールがございます。エリアごとにデザインが分かれていますので探してみてください。

・殿町デザイン

 

 

 

 

 

・つわみんデザイン

・中には変わった形のマンホールも…

 

 

 

 

 

津和野・マンホールカードマップ

 

 

 

コメントはまだありません 続きを読む


【津和野】【祇園祭 鷺舞神事】7/20・7/27城下町に響く鐘の音と優雅な白鷺の舞

津和野町 | お知らせ | 2019.06.28 13:21

鷺舞は津和野の弥栄神社に伝わる古典芸能神事です。毎年祇園祭りの7月20日(ご神幸の日)は町内11ヶ所、27日(ご還幸の日)は町内9ヶ所の昔から定められた場所で舞います。
鷺舞は天文11年(1542)に時の津和野城主吉見正頼(11代)が山口の祇園会から移し入れた芸能神事ですが、本元は京都の八坂神社祇園会に伝えられたもので、京都から山口へ、山口から津和野へと伝えられました。

鷺舞日程

行き 7月20日(土)

下記は前年度の行程となります。場合により変更となる可能性があります。

頭 屋 前(町民センター)15:00頃 出発
>弥栄神社15:30頃
>嘉楽園15:40頃
>小学校 前16:00頃
>沙羅の木 前16:20頃
>ささや/古橋酒造 前16:25頃
>高津屋伊藤博石堂 前16:30頃
>郵便局 前16:35頃
>吉永米店 前17:00頃
>お旅所17:10頃
>頭屋前(町民センター)17:30頃

帰り 7月27日(土)

下記は前年度の行程となります。場合により変更となる可能性があります。

頭屋前(町民センター)15:00頃 出発
>沙羅の木 前15:05頃
>ささや/古橋酒造 前15:25頃
>高津屋伊藤博石堂 前15:25頃
>郵便局 前15:35頃
>吉永米店 前15:40頃
>御旅所15:45頃
>弥栄神社16:30
>頭屋 前(町民センター)17:20頃

弥栄神社では翌年の頭屋への引き継ぎが行われます。
当日は状況により多少時間がずれることがあります。ご了承ください。
※雨天の場合は、役場向かい側にある町民センターの体育館で行われます。

【お問い合わせ先】

津和野町観光協会0856-72-1771

コメントはまだありません 続きを読む


津和野城跡観光リフト臨時運休のお知らせ

津和野町 | お知らせ | 2019.06.28 10:42

機器点検に伴い、下記期間は臨時運休とさせていただいております。

臨時運休期間:令和元年7月1日(月)から令和元年7月4日(木)

安全な運行のため、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

観光リフトの運行情報など詳しくは、津和野町ホームページでご確認ください。

津和野町ホームページ

コメントはまだありません 続きを読む


【津和野町日本遺産ウォーキング】6月15日(土)は太皷谷稲成神社へのお参りです

津和野町 | お知らせ | 2019.06.07 10:54

津和野町日本遺産センターでは毎月第3土曜日を目安に、日本遺産ウォーキングを開催します。

稲成神社の千本鳥居の写真

稲成神社の千本鳥居の写真

「太皷谷稲成神社の参道をしっかりガイドウォーク」
(令和元年6月15日(土) 13:30〜15:30 参加費500円)

と題してのまち歩きです。

朱色の鳥居がずらりと並ぶつづら折り。印象的な太皷谷稲成神社の表参道は大正10年(1921)にできたもの。それ以前の参道は? その面影を探して、ちょっと変わったお参りの道を歩きます。稲成神社ふもとの稲成丁には、弥栄神社・総霊社・富貴神社などが立ち並ぶ“開運ストリート”です。古地図を見ながら参道を歩き、しっかりガイドいたします。

「太皷谷稲成神社の参道をしっかりガイドウォーク」

〈日 時〉 令和元年6月15日土曜日 13:30〜15:30
(集 合〉 13:00より受付開始 津和野町日本遺産センター
(TEL:0856-72−1901)
〈参加費〉 お一人500円(ガイド料・当日資料・おみやげ代込み)
〈コース〉
津和野町日本遺産センター → 魚町 → 新丁通り → 稲成丁(弥栄神社・総霊社・富貴神社)
→ 太皷谷稲成神社ご参拝 →殿町・本町 → 日本遺産センター

今回は、往復3キロほどの道のりをゆっくりとご案内いたします。
お買い物なども楽しんでいただけるよう時間設定しています。」

※予約不要です。当日直接センターへお越しください。

イベントに関して詳しくは、津和野町日本遺産センターへお問い合わせください。

【津和野町日本遺産センター】
電話0856-72-1901

コメントはまだありません 続きを読む


将棋「竜王戦」が津和野の藩校で開催決定

津和野町 | お知らせ | 2019.05.31 15:32

将棋界最高のタイトル戦である「竜王戦」7番勝負の第5局が、

本年12月6日(金)、7日(土)に津和野町の藩校・養老館で開催されることが決定しました!

主催の読売新聞社の記事はこちら

(竜王戦が第4局で決着した場合には竜王をお迎えして代替イベントを行うことを検討しています)

この度、竜王戦・津和野対局に向けて当観光協会HP内に竜王戦特設ページを開設しました。

イベント情報等詳細が決まり次第こちらの特設ページに

情報を随時追加していきますので、チェックしていただければと思います!

「竜王戦」津和野対局・特設ページ

コメントはまだありません 続きを読む


花菖蒲がまもなく見ごろを迎えます

津和野町 | お知らせ | 2019.05.29 15:31

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている殿町通りの掘割にある花菖蒲がまもなく見頃を迎えます。

現在、通りには開花を待つ菖蒲のつぼみが並んでいて、開花すると白や紫色の涼しげな花が初夏の城下町を色鮮やかに彩ります。

満開になると写真のような菖蒲を楽しむことができます。今週末から来週にかけてまもなくピークを迎える津和野町の花菖蒲をぜひお楽しみください。

コメントはまだありません 続きを読む


6月限定!ホタルバスツアーのご案内

津和野町 | お知らせ | 2019.05.22 10:18

本年もホタルの名所である畑迫地区でホタル見学を行うホタルバスツアーを実施致します!

幽玄なホタルの乱舞を是非ご覧くださいませ。

■運行日:6/7(金)・6/8(土)・6/14(金)・6/15(土)20:00~

■運賃:無料

■バス停:チラシPDFをご参照ください。

■備考:要予約(飛入乗車不可)、雨天中止

■予約先:一般社団法人津和野町観光協会 TEL0856-72-1771 (9:00~17:00)

コメントはまだありません 続きを読む


石見神楽が日本遺産に認定されました

津和野町 | お知らせ | 2019.05.20 10:10

津和野町を含む島根県西部(石見地域)で伝承される神楽をテーマにしたストーリー「神々や鬼たちが躍動する神話の世界~石見地域で伝承される神楽~」が日本遺産に認定されました!

「日本遺産(Japan Heritage)」とは、日本各地に点在する有形・無形の様々な文化財群とともに、各地域で世代を超えて継承される文化・伝統・風習について語るストーリーを文化庁が認定するものです。

日本遺産に触れることで、歴史・風土に根ざした地域の特色を総合的に知ることができ、その魅力や価値をより深く理解することができます。

今回の認定で島根県の日本遺産は5つとなりました。島根の風土に根ざした文化の豊かさは多くの人の心を魅了しています。ぜひ日本遺産を通じて歴史に彩られた島根の魅力を感じてください。

石見神楽の写真

石見神楽の写真

「神々や鬼たちが躍動する神話の世界~石見地域で伝承される神楽~」

<ストーリーの概要>
島根県西部、石見地域一円に根付く神楽は、地域の伝統芸能でありながらも、時代の変化を受容し発展を続けてきた。その厳かさと華やかさは、人の心を惹きつけて離さない。神へささげる神楽を大切にしながら、現在は地域のイベントなどでも年間を通じて盛んに舞われ、週末になればどこからか神楽囃子が聞こえてくる。老若男女、観る者を魅了する石見地域の神楽。それは古来より地域とともに歩み発展してきた、石見人が世界に誇る宝なのだ。

詳しくは令和元年度「日本遺産(Japan Heritage)」の認定結果の発表及び認定証の交付について(文化庁)

津和野町は「津和野今昔 ~百景図を歩く」も日本遺産として認定されています。

島根県の日本遺産特集は「しまねの日本遺産を巡る」をご覧ください。

コメントはまだありません 続きを読む


津和野百景図第一巻レプリカ展示公開中

津和野町 | お知らせ | 2019.05.16 13:26

みなさんこんにちは!

百景図散策にはもってこいの良い天気が続いている津和野です。

さて、1F展示室のショーケースにて『津和野百景図 第一巻』のレプリカを公開しました!第一巻には第1図~第20図まで収録されています

この巻には津和野城から藩候館と弥栄神社(祇園会)までが収録されています。

ぜひ一度、センターへ足をお運びいただきご覧ください。

津和野町日本遺産センター

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ