やまぐち地ブログ

山口祇園祭でわっしょいわっしょい!

山口市 | 担当者のひとりごと | 2007.07.19 17:10

明日20日からいよいよ山口市夏の風物詩「山口祇園祭」が始まります。
この祇園祭は、京都の祇園祭を縮小したようなこじんまりとしたものですが、小さくてかわいらしい巫女さんの舞う舞いに始まり、鷺の舞神事、そして、その「静」に対して、「動」を担う、御神幸が行われます。

八角・六角・四角の御神輿を男たちが、勇壮に担ぎます。
なかなか見ものですよ~。

ところで、その男たちの体に巻いているさらしを巻く役も早4年目。
いろんな体系の方々がいらっしゃるので、巻くほうも大変です。
さらしを巻いても巻いても、なかなか終わりが来なかったり、もっとしっかり巻きたいのにすぐに巻き終わってしまったり・・・。
昨年は、とてもスリムな方がいらっしゃって、一生懸命巻いているうちに、回っている自分によって気持ち悪くなってしまいました。
そして、翌日は腕が筋肉痛になってしまうのです。

しかし!これは、うれしい痛みです。
だって、神様を運ぶ役目の方々をまきまきしてできる痛みですから。

そう言い聞かせて、明日も、がんばるぞー!!!

皆様もぜひお越しくださいね。
さあ、夏が始まります!

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

この記事に対するコメント

  1. 祭男 より:

    お祭りっていいですねー。うきうきします、さあ今年も楽しむぞー

  2. 山口市担当者 より:

    祭男さん、こんにちは。
    いかがだったでしょうか?今年の祇園祭は。
    今年も宣言していましたとおり、巻きました。
    それも、最初に巻いたさらしがこれまでで一番のできでした。
    これでもう思い残すことはないです・・・。
    いやいや、まだ始まったばかり。
    明日は、市民総踊り、27日には御還幸。
    私はずっとカメラマンです。
    また、見にいらしてくださいね。

  3. 祭男 より:

    私の友人は御神輿を担いだそうです。当日友人は周防大島に出張で、あちらは雨で、御輿も中止と思い念のため、電話したら、御神輿が出るとのことで、急ぎ帰ってきたそうです。ちょうど御神輿の間は雨がやみよかったですねー。最終日までがんばってください。

ページ上部へ