やまぐち地ブログ

第3回中国四国地区アーカイブズウィーク

山口県観光連盟 | お知らせ | 2008.05.21 23:40

山口県立山口図書館内にある山口県文書館では、6月1日~8日までを「アーカイブズウィーク※」とし、多彩なイベントが行われます。

20080521234832.jpg

■アーカイブズ展示 「吉田松陰自賛肖像展」
「吉田松陰自賛肖像」、「絶筆」、「松下村塾記」の修復を記念し、修復後初公開いたします。
 ・日時 6月1日(日)~6月8日(日) 9:00~17:00
 ・場所 山口県文書館閲覧室
■歴史探究講座
萩博物館研究員や山口県文書館専門研究員による、吉田松陰の手紙や関係資料、自賛肖像についての講座を開講します。受講希望者は、住所・氏名・電話番号を明記の上、5月23日までに(消印有効)ハガキ・FAX・メールで文書館へお申し込みください。定員250名。
 ・日時 6月7日(土) 13:30~16:00
 ・場所 山口県立山口図書館レクチャールーム
■文書館書庫見学ツアー
普段見ることのできない文書館の書庫を、職員の案内で見学していただくツアーです。定員各10名(当日受付・先着順)
 ・日時  6月1日(日)  10:00 11:00 13:00 16:00
       6月3日(火)~6日(金) 11:00 / 14:00
       6月7日(土) 10:00 11:00
   
    6月8日(日) 11:00 14:00
 ・場所 山口県文書館
■ギャラリートーク
文書館の専門研究員が展示解説を行います。(当日受付)
 ・日時 6月7日(土) 10:30
      6月8日(日) 10:30 / 15:00
 ・場所 山口県文書館閲覧室
■文書館を使ってみよう!
文書館の専門研究員が、文書の取り扱い方や文書館の利用方法をガイドします。定員30名(当日受付・先着順)
 ・日時 6月3日(火) 15:00~16:30
 ・場所 山口県立山口図書館第一研修室・文書館閲覧室
■アーカイブズ歴史小話
文書館の専門研究員が、アーカイブズに関する「ちょっといい話」をリレー形式で紹介します。定員30名(当日受付・先着順)
 ・日時 6月1日(日) 14:00~15:30
 ・場所 山口県立山口図書館第一研修室

詳しくはこちらのページをご覧ください。
※アーカイブズウィークとは、「公文書館法」の施行(昭和63年6月1日)を記念し、文書館の業務に対する理解を広め、アーカイブズ(記録資料)の保存・活用を促進するPR事業です。期間中は、中国四国地区の文書館施設で様々な行事を行います。

1件のコメント 続きを読む


「おいでませ山口館・広島」開館五周年フェア開催!

山口県観光連盟 | お知らせ | 2008.05.19 09:20

お陰さまで「おいでませ山口館・広島」が5月24日に満5歳になります。

そこで、22日木曜日より「開館五周年フェア」を開催することになりました。

20080519091953.jpg
▲写真は4周年フェアの様子です

1,000円以上の商品購入者には、湯本温泉旅館協同組合から提供いただいた「ゆかたセット」をはじめ、先着500個の当りクジを用意しております。

また、店頭には「ほたる情報」を掲示し、「ほたるまつり」のチラシもお渡しできます。

広島にもある「やまぐち」へ、是非、おいでませ!
「おいでませ山口館・広島」の情報はこちら

1件のコメント 続きを読む


ひろしまフラワーフェスティバルの山口

山口県観光連盟 | お知らせ | 2008.04.27 18:08

「おいでませ山口館・広島」が53日から5日まで「ひろしまフラワーフェスティバル」へ引越しいたします。
白神社の前「すみれステージ」に隣接したブースに萩焼の植木鉢や全県の旅館パンフレットなどを展示しております。
柳井市からは「すみれステージ」にて観光クイズをする予定になっております。

20080427181225.jpg
↑写真は一昨年の様子です


もちろんプレゼントも用意しています。
山口からも広島からも全国からおいでませ!

コメントはまだありません 続きを読む


SLやまぐち号運転スタート

山口県観光連盟 | お知らせ | 2008.03.25 10:55

新山口~津和野を走る「SLやまぐち号」が
今シーズンも運転を始めました。
22日には新山口駅で出発式が行われ、360人満員のお客様を乗せて発車しました。

今シーズンは11月24日までの土日、祝日を中心に105日間運転されます。
「おいでませ山口ディスティネーションキャンペーン」期間中の7月から9月までの期間は
「SLやまぐちDC号」が24日間、特別に運転されます。

詳しい運行スケジュールはこちらから
http;//www.c571.jp/

1件のコメント 続きを読む


秋吉台、石灰鉱山、興産道路、万歳!

山口県観光連盟 | お知らせ | 2007.11.12 09:58

産業観光モニターツアーが始まりました!
トップバッターは「秋吉石灰岩コンビナート」。
「あっリンドウ。こっちはセンブリ。」と歓声があがる秋吉台でのエコツアー。
巨大な鉱山のスケールに息を呑む宇部興産伊佐セメント工場。
童心に戻って運転席によじ登るトレーラー基地。
そして、地域のために働くことの素晴らしさを語る産業観光エスコーター。
これは参加しない手はありませんよ!
まだまだ、申込みを受け付けています。
詳しくは、 http://www.csr-tourism.jp/
または、 http://www.tour.ne.jp/ をご覧ください。

20071112150448.jpg

20071112095743.jpg
20071112095751.jpg

1件のコメント 続きを読む


秋芳洞に”吉田松陰”先生?がご入洞!

山口県観光連盟 | 担当者のひとりごと | 2007.11.07 10:46

これは内緒の話です!

東洋屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」に、幕末に生きた非常に情熱的な人”吉田松陰”先生の面影を見ることが出来る、とっておきのスポットがあります。

                 

秋芳洞の中で黄金色に輝くオブジェ「黄金柱」のそばで、たたずんで見上げる私たちに、「人間は必ずどこか他人よりすぐれたところを持っている」と優しくお話かけ頂いているように写ります。

スポットは一点です。あなたは”吉田松陰”先生にお会いすることが出来るかな?

ヒントはこの写真で~す!目をこらし角度を変えたりして見てください。現地の面影は、はっきり見えます!

        

これからは、秋芳洞内は温かく、すごしやすい気温になります。皆様方のご来洞をお待ちしています!

お問い合わせ

     山口県美祢郡秋芳町秋吉  秋芳町観光商工課

     電話 0837-62-0304   FAX 0837-62-1422

コメントはまだありません 続きを読む


広島で「山口のふく」を食べよう!

山口県観光連盟 | お知らせ | 2007.11.06 14:16

山口県のアンテナショップ「おいでませ山口館」からイベントのお知らせです。
広島市中区紙屋町にある「おいでませ山口館」では、11月15日(木)から20日(火)まで
「ふく」(河豚)イベントを開催いたします。

20071106141418.jpg
▲先月実施したイベントの様子です 

期間中は、宅配「ふく商品」が5%割引になるなど、大変お得です。
さらに、16、17日にはふぐの試食もあります。

・11月15日(木) 下関「ふく刺し」販売
・11月16日(金) 「萩の真ふぐ」試食会
・11月17日(土) 周南「天然とらふぐ皮さし」試食販売
広島発の山口県モデルコースチラシ(割引券付き)や観光パンフレットも揃えて、ご来館をお待ちしております。
詳しくは、おいでませ山口館ホームページをご覧ください。
http://www.oidemase-h.jp/

1件のコメント 続きを読む


本日締切!未だ知らない山陽小野田の旅

山口県観光連盟 | お知らせ | 2007.11.01 09:47

産業観光モニターツアー見どころ紹介の第2弾でご紹介した「粘土と向き合う1,500年」コース。
本日申込み締切です。

20071101095003.jpg
▲セメント山手倶楽部の内部 

山陽小野田の銘菓、練り製品、お酒に舌鼓を打ち、そして、日頃入れない工場や施設内部を見学。
山陽小野田の産業とまちづくりの関係をわかりやすく解説するエスコーターも同行。
滅多にないチャンスですよ。

20071101094627.jpg
    ▲太平洋セメント小野田工場内部

詳しくは、 http://www.csr-tourism.jp/
または、 http://www.tour.ne.jp/ をご覧ください。

20071101110945.jpg
▲エスコーターが同行して解説します
20071101110955.jpg
▲徳利窯の中は?

コメントはまだありません 続きを読む


小野田のガラスを見に行こう!

山口県観光連盟 | お知らせ | 2007.10.31 14:48

産業観光モニターツアー見どころ紹介の第5弾は、
Eコース「塩変じて薬となる」
塩が、化学工業の発展の上で欠かせないモノだったって知っていますか?
化学式が頭の中でこんがらがってきそうですが、塩は近代産業の発展とともに色々な化学製品の原料として使われてきました。
その延長線上にあるのがガラスです。

20071031144618.jpg
 ▲日産化学工業のルブラン式塩酸吸収塔

セントラル硝子では、如何に原材料や副産物を無駄なく使用しているかを学び、日産化学工業では、化学工業のルーツを探り、そして山口田辺製薬では、医薬品製造工場の衛生管理について学びます。

20071031144728.jpg
▲きららガラス工房 

お楽しみは、小野田のきららガラス工房。
若き作家さん達の作品製造にかける熱い想いについてお聞きしましょう。
詳しくは、 http://www.csr-tourism.jp/
または、 http://www.tour.ne.jp/ をご覧ください。

コメントはまだありません 続きを読む


夕張も「フラガール」も目じゃない!

山口県観光連盟 | お知らせ | 2007.10.26 09:17

産業観光モニターツアー見どころ紹介シリーズの第4弾は、
Dコース「石炭産業の命脈を辿る」

20071026085843.jpg

石炭=公害、炭鉱の町=廃墟。そんな印象をお持ちの方も多いのでは?ところが、宇部・美祢・山陽小野田は違います。
産業は鉱業から工業への転身をいち早く遂げ、まちを更に発展させました。こんな所は他にありませんよ。
それをさせたのは、宇部興産㈱の前身である沖ノ山炭鉱の創業者である渡辺祐策翁をはじめとする郷土の実業家たちです。
彼等はなぜエネルギー革命を乗り切り、産業や町の発展を可能とする先見の明を持ち得たのでしょう?

20071026090343.jpg
▲大嶺炭田の炭坑内部

20071026085833.jpg
▲昔の炭坑施設をそのまま利用している宇部サンド工業

このツアーでは、炭鉱の遺構や渡辺翁のご子息が住まわれる家、石炭関連の企業等を巡り、宇部発展に尽くした翁たちの想いに触れます。
20071026085819.jpg
▲桃山一号配水池監視廊

なんと、当日オープする宇部興産㈱のショールーム「UBE-i-Plaza」への記念すべき一般入館者第1号にもなれますよ。
詳しくは、 http://www.csr-tourism.jp/
または、 http://www.tour.ne.jp/ をご覧ください。

1件のコメント 続きを読む


ページ上部へ