火の山公園(桜)

[下関市]

桜とチューリップ、そして関門海峡が織りなす絶景

火の山の名の由来は、かつて狼煙を上げるための施設があったから。現在は市内と関門海峡、瀬戸内海、そして日本海を一望できる展望スポットとして知られる。4月上旬には山麓と山頂合わせて約1000本の桜が咲く。ちょうどチューリップも同時期に見ごろを迎え、まさに花盛りのシーズンを楽しめる。

Access Map

火の山公園(桜)

やまぐち映像図鑑について

about YAMAGUCHI MOVIE BOOK

山口県は自然の恵みに溢れ、歴史がそのまま残る、
「本物」が、そこかしこにある場所です。

そんな山口県の「本物たち」を、
美しい映像で描き、発信していきます。
映像で観る、山口県の名所・観光ガイド図鑑。
そして、本物はぜひ現地で。

まずは宿泊先の予約から。