錦帯橋の鵜飼い

[岩国市]

幽玄で幻想的な、岩国の夏の風物詩

錦帯橋の夏の風物詩といえば「鵜飼」。烏帽子や腰蓑など伝統衣装に身をつつんだ鵜匠が巧みな手縄さばきで鵜を操り、水中で飲み込んだ鮎を吐かせる伝統漁法だ。鵜船の篝火が錦川の川面に映り大変幽玄な光景が展開される。錦帯橋の鵜飼では、遊覧船に乗って、地酒やご当地グルメを味わいながら間近で鑑賞することができる。(要予約)

Access Map

錦帯橋の鵜飼い

やまぐち映像図鑑について

about YAMAGUCHI MOVIE BOOK

山口県は自然の恵みに溢れ、歴史がそのまま残る、
「本物」が、そこかしこにある場所です。

そんな山口県の「本物たち」を、
美しい映像で描き、発信していきます。
映像で観る、山口県の名所・観光ガイド図鑑。
そして、本物はぜひ現地で。

まずは宿泊先の予約から。