1. HOME
  2. 山口・防府の検索結果一覧

山口・防府の検索結果一覧

花・紅葉・風景・絶景
つつじ
山口・防府エリア
防府市

大平山山頂公園 つつじ

大平山山頂公園には約10万株のつつじが植えられています。5月中旬にはピンクと白のつつじが咲き誇り、満開時には山頂公園にピンクのじゅうたんが敷かれたかのように見えます。また、山頂から見渡せる景色とつつじのピンクが調和する光景もまた絶景です。

5月中旬

海が見える「花の園」(新築地緑地公園)

花・紅葉・風景・絶景
山口・防府エリア
防府市

海が見える「花の園」(新築地緑地公園)

早咲きの河津桜が植えられており、例年3月上旬から楽しむことができます。開花時期の早いものから遅いものへと順に並んでおり、だんだんと桜が咲き誇ってくるので見ごたえがあります。

3月上旬から4月

ガイドウォーク・コース
ガイドウォーク
山口・防府エリア, 萩・長門エリア
山口市, 防府市, 萩市

萩往還ガイドウォーキング

萩往還とは、毛利の殿様が萩城築城後、参勤交代での御成り道として開かれた、萩~山口~防府をつなぐ約53kmの街道です。 ガイドウォークでは、案内人の語り部のガイドを聞きながら、見どころのコースを歩きます。 語り部と歩いた方には、コースごとに通行台紙へスタンプを押します。 全コース制覇された方には完歩証明書を発行します。

随時

企画展・特別展
山口・防府エリア
防府市

毛利博物館 企画展 姫君ゆかりの美-毛利家のお雛さま-

“ひなまつり”にちなんで、華麗な「次郎左衛門雛」の段飾りをはじめ、毛利家伝来の雛道具や姫君ゆかりの華麗な衣裳・装身具・調度品など、女性にまつわる品々を展示します。

2022年2月5日(土)~4月10日(日)

天神鱧(防府)

グルメ
山口・防府エリア
防府市

天神鱧

夏が旬の鱧。特にメスは、卵を抱えて脂がのりおいしくなります。淡白ながらも旨みもある鱧は、煮る、焼く、湯引き、揚げるなど調理方法は様々。 職人による「骨切り」された口当たりの良い鱧料理、ぜひ「はも塾」加盟店でお召し上がりください。

5月中旬~9月中旬

体験メニュー
山口・防府エリア
防府市

三田尻塩田記念産業公園 塩づくり体験

江戸時代中期から昭和30年代までに約260年間にわたって、全国有数の塩の産地として栄えた防府。 その塩田跡地の一角に、かつての入浜式塩田の諸施設を復元し、併せて道具類の展示、塩づくりの様子をわかりやすく紹介しています。 園内には、当時の釜屋煙突がそびえ、塩田の歴史文化を示すシンボルタワーになっています。

4月~10月
休園日
月曜日・祝日の翌日

[ウォーク]右田ヶ岳 登山コース(防府)

ガイドウォーク・コース
ウォーキングコース
山口・防府エリア
防府市

右田ヶ岳 登山コース

標高426m。比較的岩場や起伏が少なく、幅広い年齢層が楽しめる塚原コースのほか、起伏の激しい尾根上の登山道の途中に、周防国第25番札所の観音堂や石灯籠、岩に刻まれた33体の磨崖仏等がある天徳寺(石船山)コースがあります。また複数の山の尾根を伝う長いコースで塔之岡コースもあります。 登りきった山頂から見渡せる景色は絶景です。

通年

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
山口・防府エリア
山口市

船平山 ゆうすげ

「船平山」を代表する夏の花「ゆうすげ」は、夕方に開花し翌日の昼には閉じるところから名付けられました 漢字では「夕菅」とも書き、別名をレモンイエローの花の色から黄萓(キスゲ)ともいいます。7月の海の日には、船平山山頂で、ゆうすげの花が開くのを待つ「ゆうすげ祭り」が開催され、スイスのような雰囲気の船平山で癒しの時間を体感していただきます。

7月中旬~8月上旬

交通情報
鉄道
山口・防府エリア
山口市, 島根県鹿足郡津和野町

SLやまぐち号

SLやまぐち号は1979年8月1日に山口線の新山口駅(当時の小郡駅)~津和野駅間で運転を開始して以来、毎年多くのお客様にご利用いただいております。  新客車35系では旧型客車を再現したレトロな乗車空間に包まれながら昔の汽車旅の気分を満喫できます。また、3号車フリースペースには「SL資料展示」で蒸気機関車の歴史や仕組みを学ぶことが出来ます。 ※2021年8月現在の情報 ※運行情報などについてはHPにてご確認下さい

主に土・日・祝日に運転
(運転日要確認)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

第10回ふるさと想い出花火

ふるさと想い出花火は親子や家族、そして地域住民同士の交流、ふれあいが増えることを願い、催されます。 一緒に花火を見て、同じ空間・時間を共有することで家族や社会の連帯感や絆が深まることを目指した花火大会です。

2021年10月24日(日)

イベント・サービス
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

津和野乙女峠まつり

明治初め、長崎から流刑された数多くの信者が、拷問や投獄でもその信念を貫き通し、この地で命をおとしました。これらキリシタン殉教者に捧げられる「乙女峠まつり」が、毎年5月3日に行われます。 津和野カトリック教会から約2キロ離れた乙女峠を目指して、聖母マリア像を中心に信者の巡礼の行列が続きます。正午より荘厳な野外ミサが行われ、殉教者に捧げられる聖歌の響きは、信者はもちろんのこと、観光で訪れた人々にも清らかな感銘を与えます。

毎年5月3日
 午前10時30分~ 聖母行列
 正午~ 野外ミサ

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

にちはら鮎まつり花火大会

天然鮎釣りの名所・高津川での「にちはら鮎まつり」のラストを飾る花火大会。約2600発(予定)の花火が河畔から打上げられると水面はきらめき、山々にこだまする轟音が臨場感をさらに高める。「にちはら鮎まつり」は、鮎のつかみどりなど高津川ならではのイベントのほか、石見神楽披露やコンサート演奏も行われ見どころ満載。昼と夜で表情が変わる高津川の魅力を味わおう。

毎年8月15日

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

鷲原八幡宮大祭 流鏑馬神事

全長約250mの馬場は、鎌倉時代に鶴岡八幡宮の馬場を模して造られた、日本 で唯一原形を留めている馬場で、古式 豊かな小笠原流流鏑馬神事が執り行わ れます。境内には一目この時代絵巻を目 にしようと、外国の方をはじめ多くの 観 客が集まります。

毎年4月第1日曜日 午前の式11:00~、午後の式14:00~

国道9号線から町を包む雲海を望む

イベント・サービス
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

津和野城跡観光リフト早朝運行

毎年秋から冬にかけて津和野の町を包み込む雲海を標高約360mの津和野城跡からお楽しみいただけます。霧に包まれた幻想的な風景をお楽しみください。 防寒対策はしっかりと。

2022年10月下旬~2022年11月下旬の土日祝日のみ運行

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

祇園祭(鷺舞神事)

毎年祇園祭の7月20日・7月27日に町内の昔から定められた場所で舞います。天文11(1542)年、津和野城主・吉見正頼が疫病鎮護のため行うようになり、それ以来津和野では古式の鷺舞が演じられ、優雅な姿を今日も披露しています。 国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

毎年7月20日(土)、7月27日(土)15:00~
津和野町役場津和野庁舎(津和野町後田ロ64-6)前出発

掘割に咲く花菖蒲の花

花・紅葉・風景・絶景
菖蒲・あやめ・カキツバタ
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

殿町 花菖蒲

城下町津和野のメインストリート・殿町通りの白壁を背景に紫の花菖蒲が咲き、掘割に泳ぐ色とりどりの鯉とともに絶妙な色彩のコントラストを楽しめます。この時期、殿町通りはライトアップを実施しています。

5月下旬~6月中旬

花・紅葉・風景・絶景
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

津和野大橋・春の夜桜ライトアップ

津和野の町を流れる津和野川沿いに植えられた桜のライトアップを実施しています。春の夜風に吹かれながら明かりに照らされた桜鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

毎年3月下旬から4月上旬
(桜の花びらが散るまで)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
山口市

山口祇園祭

室町時代、山口で京を模した街づくりを進めた大内弘世公。 山口祇園祭は、1369年(応安2年)に大内弘世公が京都の祇園社(現在の八坂神社)を市内竪小路に勧請し、その後1459年(長録3年)大内教弘の台に水の上に社地を移したときに京都の祇園祭を取り入れた祭礼が始まりとされる伝統的なお祭りです。

2022年7月20日(水)~27日(水)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
山口市

山口七夕ちょうちんまつり

室町時代、大内盛見がお盆の夜に先祖の冥福を祈るため、笹竹の高灯籠に火をともしたのが始まりと伝えられているお祭りです。 笹飾りにつけられた数万個の紅ちょうちんの灯りが、山口の夜を紅く染める2日間です。

2022年8月6日(土)~7日(日)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
山口市

湯田温泉白狐まつり

「白狐が見つけた温泉」という言い伝えにちなんで、白狐のお面をつけて松明を持った子どもたちが練り歩く「松明行列」や、特設ステージでの演奏、福引き、もちまき、旅館の内湯開放など、温泉街一帯で様々なイベントが催されます。

2022年4月2日(土)~3日(日)

ガイドウォーク・コース
ガイドウォーク
山口・防府エリア
山口市

やまぐちぶらり史跡巡り!

文久3年(1863)、萩藩主・毛利敬親公は、藩庁を萩から山口へ移しました。このことがきっかけとなり、山口は明治維新の策源地となりました。維新の三傑とされる木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通をはじめ、伊藤博文や高杉晋作、三条実美らの七卿や、坂本龍馬をはじめとする多くの志士たちも出入りし、山口は討幕運動と維新の変革を成し遂げるうえで、大きな役割を果たしました。 今回のツアーは、語り部と一緒に「維新策源地やまぐち」の街歩きをしながら、山口の歴史に深く関わる史跡もご紹介します。ぜひお気軽にご参加ください。

2021年4月~2023年3月の土日祝日

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
山口・防府エリア
山口市

古地図を片手にまちを歩こう(山口編)

幕末の山口町村図を片手に維新策源地山口を巡ります。 この山口町村図には、当時の長州藩主・毛利敬親公が藩庁を山口に移した時の様子が描かれており、幕末の有事に備えた策源地づくりの計画も追記されています。 古地図と現在の様子を見比べ、維新志士に想いを馳せながら歩きます。

第1.4土曜(その他の日も応相談)

体験メニュー
山口・防府エリア
山口市

桧皮葺体験

桧の皮で屋根を葺く日本伝統の桧皮葺。日本三名塔に数えられている国宝瑠璃光寺五重塔も桧皮葺によりその美しさが表現されています。 模型展示や工場見学、桧皮葺のある和風空間でのクラフト体験(コースターなど)等でその魅力を間近で体感することができます。

通年

体験メニュー
山口・防府エリア
山口市

山口外郎の系譜を継ぐ豆子郎

山口外郎をもとに「しろうと」の創意工夫から生まれた登録銘菓「豆子郎」。 本店の奥へ進むと、日本庭園「大内四季庭」を眺めながらおくつろぎ頂ける茶房や、日本文化の美しさを伝承する調度品をお楽しみ頂けます。 どうぞごゆっくりとお過ごし下さいませ。

通年

体験メニュー
山口・防府エリア
山口市

山口外郎作業場見学&蒸し立て試食

作業場で手づくりの様子を間近で見学。 蒸し上がった後は出来立てを試食し、新たな魅力に触れることができます。 事前予約(8:00~15:00 受取)をすれば、極力時間を調整して蒸し上げたものを提供可

通年
【平日(土日祝日、年末年始(12月23日~1月7日)、GW(5月1日~5月7日)、盆期間(8月11日~16日)を除く。)】

花・紅葉・風景・絶景
山口・防府エリア
山口市

一の坂川夜桜ライトアップ

室町時代に大内氏がまちづくりをする際、京の鴨川に見立てた「一の坂川」は、桜の名所としても有名です 夜間はライトアップもあり、多くの観光客を魅了します。

3月下旬~4月上旬(桜の見頃時期に合わせてライトアップ)

花・紅葉・風景・絶景
山口・防府エリア
山口市

国宝瑠璃光寺五重塔 桜

国宝瑠璃光寺五重塔のある香山公園には約170本のソメイヨシノが咲き誇ります。 夜は、五重塔のライトアップもあり、夜桜見学も楽しめます。

3月末~4 月上旬

花・紅葉・風景・絶景
ほたる
山口・防府エリア
山口市

一の坂川 ゲンジボタル

室町時代に大内氏が山口のまちづくりをする際、京の鴨川に見立ててつくった「一の坂川」には、初夏になるとゲンジボタルが乱舞します。 国の天然記念物にも指定されています。

5月下旬~6月上旬

体験メニュー
山口・防府エリア
山口市

山口の街並みを着物で歩こう

山口市菜香亭では、着物体験を実施しています。山口の風情ある街並みを着物姿で歩いてみませんか。着物の他にも、羽織・袴で幕末志士気分も味わえます。新たに甲冑体験実施中。 ご利用は事前予約制ですので、ご希望日の前日午前中までに菜香亭へご予約下さい。

通年(火曜休館)

体験メニュー
山口・防府エリア
山口市

山口外郎手作り体験

材料を混ぜ合わせ小豆、栗などをトッピングしてオリジナル外郎を作ります。 作りたての自分だけの味を楽しむことができます。

1月9日~6月30日、9月1日~11月30日(日曜日、水曜日、GW、お盆を除く)

1 / 4 1 2 3 4 最終 »