1. HOME
  2. 萩・長門の検索結果一覧

萩・長門の検索結果一覧

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~佐々並市コース~

幕末に志士たちが行き交い、動乱を目撃した佐々並の町並みを散策します。上級武士が休息した「御客屋」の建物跡や人馬や駕籠の調達を行った「目代所」の跡地を歩きながら、タイムスリップを楽しみましょう。

通年
(水曜・年末年始除く)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~寺町コース~

萩三角州の土台となった砂丘の最も高い部分に位置する寺町。築城当初から毛利のお殿様と一緒に移り住んだ古くからの寺院やその墓地が密集しており、寺の奥に墓地、そのまた奥に寺と、重厚な屋根が重なりあう、寺町独特の町並みを見ることができます。それぞれのお寺が持つ、隠れた歴史物語を聞きながら、お寺巡りを楽しむ2時間です。

通年
(萩博物館開館日のみ。年末年始休み)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~御成道・札場(田町商店街)コース~

江戸時代、お殿様が参勤交代のために通った御成道(おなりみち)。その道沿いにできた商店街には、江戸時代や明治・大正時代から続く建物を見ることができます。 古い看板のある薬局や萩野菜のお店、駄菓子屋、創業130年の酒蔵、製菓店などに立ち寄り、歴史を感じながら、食べ歩きも楽しめる2時間です。

月~土曜日(萩博物館開館日のみ。年末年始休み)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
長門市

俵山温泉ひなめぐり

俵山温泉街にある各旅館の玄関先に、手作りを含む様々なひな飾りが展示されており、誰でも自由に玄関先で楽しむことができます。レトロな温泉街をゆっくりと歩いて散策してみませんか。また、期間中はひなめぐりスタンプラリーも開催されています。

2021年3月

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
長門市

王子山公園 桜

童謡詩人・金子みすゞがふるさと仙崎の風景を綴った「仙崎八景」のうちのひとつに「王子山」があり、この高台からみすゞのふるさと仙崎を一望することができます。シーズンにはソメイヨシノ・ヤエザクラなど約100本の桜を鑑賞できます。

3月下旬~4月上旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
長門市

大寧寺 桜

応永17年(1410年)、大内氏の氏族鷲頭弘忠創建と伝わる曹洞宗屈指の名刹です。 境内にはソメイヨシノ・ヤエザクラ・シダレザクラなど約120本の桜が咲き誇ります。

3月下旬~4月上旬

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~浜崎伝建地区コース~

萩城下の港町として栄えてきた浜崎。日本海に面することから、物資の流通や販売、水産業などに携わる人々で賑わい、古くから萩の経済を支えてきました。 江戸時代から昭和初期までの昔ながらの町並みを巡ります。また、普段見ることができない国指定史跡「旧萩藩御船倉」内部を特別公開します。

通年(水曜・年末年始除く)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~萩城城下町コース~

萩城城下町は、江戸屋横町・伊勢屋横町・菊屋横町など、江戸時代の町割と武士や豪商の屋敷がよく保存され、国の史跡に指定されています。平成27年には「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されました。 古地図を片手に、世界遺産の町並みを地元ガイドさんと一緒にまち歩き。幕末の風雲児・高杉晋作や、維新の三傑・木戸孝允ゆかりの地などを巡ります。

通年

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

特別展「萩・昆虫城 夏の陣」

何千種もの昆虫がひしめく萩の昆虫界を「萩・昆虫城」と称し、郷土の昆虫の特徴と魅力、彼らの生態系に迫る脅威との攻防戦をストーリー仕立てでご紹介します。県内屈指・数万点の萩博物館の標本コレクションから、珍種や絶滅危惧種、夏みかん栽培にかかわる重要種などを厳選して展示。郷土の自然について親子で楽しみながら知ることができます。

2021年7月10日(土)~9月20日(月)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

企画展「水の都・萩」

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である萩城下町は、三角州という水に囲まれた地形の上に形成された「まち」です。「水との共生」という視点から、徐々に姿を変化させてきた「水の都・萩」をご紹介します。

2021年4月3日(土)~6月20日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

特別展「百年の布~美しき襤褸の世界~」

限られた資源を最大限活用してきた人々の生活の証である「襤褸」。衣服として生産され、補修を繰り返しながら、雑巾などへ姿を変えつつ最終的に役目を終えるまで百年を超えるものもありました。「襤褸」から資源に溢れた現代における課題を見つめ直します。

2022年3月19日(土)~6月19日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

テーマ展「古写真で見る幕末明治 萩の人物編」

旧長州萩藩の城下町であった萩市にある萩博物館に保存されている1000点を超える古写真を展示。幕末から明治にかけて活躍した萩ゆかりの人物がどのような容姿をしていたのかを浮き彫りにし、幕末・明治期に関心のある方にも、そうでない方にもわかりやすくご紹介します。

2022年1月20日(木)~3月6日(日)

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

陶芸の村公園 ハギの花トンネル

陶芸の村公園に、50mにわたって200株のハギが植栽され、日本一長いハギのトンネルとなり、10月中旬頃に満開を迎えます。 陶芸の村公園の高台からは、萩市街地と日本海が一望でき、萩の花と美しい景色を楽しめます。

10月上旬~下旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

萩城跡指月公園 ミドリヨシノ

約600本のソメイヨシノが咲き誇る萩城跡指月公園に1本のみ存在する「ミドリヨシノ」。 ソメイヨシノに似ていますが、ガクが緑色であることからミドリヨシノと名付けられました。花びらは純白色で、例年ソメイヨシノよりも少し早く咲き始めます。 ミドリヨシノは、日本では萩でしか見ることのできない貴重な桜で、山口県の天然記念物に指定されています。

3月中旬~下旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

親水公園 河津桜

2月下旬頃に咲く早咲きの桜で、ソメイヨシノよりも濃いピンク色が特徴です。 親水公園には、約120本の河津桜が植えられており、目線の高さでお花を楽しむことができます。

2 月下旬~3 月上旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

萩往還梅林園 梅

萩往還梅林園は、吉田松陰先生の生誕160周年を記念して、平成4年3月27日に開園しました。9,611㎡の園内には、紅梅、白梅など13種類 約350本の梅が植栽され、1月下旬~3月中旬頃にかけて色とりどりの梅が咲き誇ります。 緋梅系で最も早く開花する八重咲きの「緋の司」が1月下旬から咲き始め、一重の「豊後」、八重の「白牡丹」、枝垂れ梅の「玉光枝垂」など、3月中旬頃まで楽しめます。 見ごろにあわせて、「萩往還梅林園まつり」が開催されます。

1月下旬~3月中旬頃

グルメ
萩・長門エリア
萩市

萩のしろうお料理

しろうおは、萩の早春の風物詩。毎年2月中旬~4月上旬にかけて「しろうお漁」が行われます。 酢醤油(すいち)につけて活きたまま食べる「おどり食い」は、ピチピチと動くのど越しを楽しむ独特な食べ方。口中でおどる舌触りと食感は格別です! 毎年3月上旬には「萩・しろ魚まつり」を開催します。

2月下旬~ 3月下旬

グルメ
萩・長門エリア
萩市

萩の真ふぐ料理

萩の真ふぐはすべて天然物。 身の色は淡く飴色がかり、その味はトラフグにも匹敵するといわれています。 ふぐ特有の噛締めや旨みを味わうふぐ刺しをはじめ、ちり鍋、唐揚げ、タタキなどで美味しくお召し上がりいただけます。

2月~4月

花・紅葉・風景・絶景
椿
萩・長門エリア
萩市

笠山椿群生林 ヤブツバキ

笠山の北端(虎ヶ崎)10haの広さに、約60種 25,000本のヤブツバキが自生しています。 開花期間は12月下旬~4月上旬までと長く、例年見ごろを迎える2月中旬~3月下旬頃「萩・椿まつり」が開催されます。 群生林内は遊歩道が整備され、地上約13mの展望台からは、椿群生林や日本海が一望できます。

見頃は 2月中旬~3月下旬頃

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・椿まつり

萩市笠山 虎ヶ崎にある椿群生林では、約10haの敷地に約60種 25,000本のヤブツバキが可憐な花を咲かせ、例年2月中旬~3月下旬頃に見頃を迎えます。 色鮮やかに咲き乱れるヤブツバキの見頃にあわせて「萩・椿まつり」が開催されます。 期間中の土・日曜日には、椿見どころ案内人による無料ガイドや、萩椿小町によるおもてなし、特産品販売・飲食店の出店、クイズラリーなどの催しがあります。 また「萩・椿まつりフォトコンテスト」も開催されます。

2021年2月11日(木・祝)~3月20日(土・祝)
2022年2月中旬~3月下旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩城下の古き雛たち

江戸から令和にわたり萩で受け継がれてきた歴史あるお雛様や、萩ならではの小萩人形など約1,200体を、城下町にある旧久保田家住宅をメイン会場に、一般公開の文化財施設などで展示します。

2021年2月3日(水)~4月3日(土)
2022年2月3日(木)~4月3日(日)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~萩城 本丸・二の丸・三の丸コース~

毛利輝元が築いた萩城は、指月山山頂の要害、藩の政庁と藩主の住まいがあった本丸・二の丸、そして重臣たちの屋敷がある三の丸で構成されていました。古地図を片手に、藩主が通った御成道を通って、天守閣跡が残る本丸へ。江戸時代の屋敷の広大さを伝える「土塀と夏みかん」の町並みが残った理由と、天守台や矢倉の石垣に見られる工夫や特徴が学べます。 ※ただし、要害である指月山頂には登りません。

通年
(萩博物館開館日のみ。年末年始休み)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき  ~豪商熊谷家コース~

江戸時代の萩を体感できる町並みを散策する途中で、萩藩御用達として栄えた豪商・熊谷家のお屋敷に立ち寄り、熊谷家に代々伝わる宝物を展示した熊谷美術館を見学。萩城の外堀や北の総門など、当時のまちの風景を伝える城下と城内の境目も歩きます。 江戸時代に思いを馳せながらノスタルジックな萩を楽しむ2時間です。

火曜・土曜日(冬季休館あり)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~萩城 本丸・二の丸コース~

毛利輝元が萩三角州の北西端・日本海に突き出た指月山に築いた萩城。藩の政庁が置かれ、藩主の住まいとなった「本丸」と12棟もの矢倉と中堀をめぐらした「二の丸」の跡をめぐり、天守台や矢倉の石垣に見られる工夫や特徴を学べます。 萩焼ギャラリーショップに立ち寄り、お土産選びもできます。

通年
(年末年始休み)

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

乗旅(原付バイクレンタル)

萩らしい夏みかんカラーのお洒落なレンタル原付自転車で、萩のまちをぐるっと巡ってみませんか? ご利用料金は、2,400円(2時間)~。 利用される方には、提携店舗で特典があります。

通年

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~萩城 三の丸・堀内伝建地区コース~

萩城・三の丸にあたる堀内伝建地区は、萩藩主毛利一門や永代家老などの上級武士が居住した広大な武家屋敷跡で、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」にも登録されています。 武家屋敷が「土塀と夏みかん」の町並みとして残ったのはなぜか、ガイドと一緒に謎解きしながら歩きます。 ゴール後は夏みかんスイーツもお楽しみください。

通年
(萩博物館開館日のみ。年末年始休み)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

浜崎伝建おたから博物館

萩市浜崎地区は、海に面し、江戸期から萩藩の経済活動を担った商人の町でした。江戸時代・明治・大正・昭和初期の伝統的建造物が約130棟も残され、伝統的建造物群保存地区に指定されている浜崎で、古い家並みを歩きながら、開放された旧家に展示された代々伝わるお宝をご覧いただけます。 国指定史跡「旧萩藩御船倉」(藩主の御座船を格納した倉)が、この日は特別に扉を開いて公開されるほか、魚市場では浜崎で水揚げされた「しらす」などを使った食堂もこの日だけ開店します。

2021年5月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・田町萩焼まつり

萩市・萩近郊の萩焼窯元、萩焼卸・小売商の出展による即売会。 温かみのある色彩の萩焼がずらりと並び、いろいろな萩焼を実際に手にとってみて、お店の方と話しながら気軽にお買い物を楽しめます。 萩焼即売の他、萩の名産・物産展や、酒造見学や呈茶席なども催されます。

2021年10月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩時代まつり

萩市古来の奉納行列「萩大名行列」が市内を練り歩く、秋の一大イベント。 総勢200名を超える行列が城下町を中心に市内を練り歩きます。午後からは、毛利歴代藩主や高杉晋作率いる奇兵隊、萩大名行列などによる「萩時代パレード」が行われ、江戸時代の歴史絵巻を繰り広げます。

2021年11月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・竹灯路物語

萩城下町周辺に竹灯籠が並び、ろうそくの灯りがほのかに歴史の町並みを照らします。幻想的な竹灯籠のあかりをお楽しみください。

2021年10月中旬予定

1 / 5 1 2 3 4 5 最終 »