観光スポット

小串エヒメアヤメ自生南限地帯/えひめあやめ

  • 下関・秋吉台・宇部エリア
  • 自然
  • 人物・文化

コグシエヒメアヤメジセイナンゲンチタイ/エヒメアヤメ

小串エヒメアヤメ自生南限地帯/えひめあやめ

エヒメアヤメは、アヤメ科の多年生草本で朝鮮半島、中国東北部など寒い地方に多い北方系の植物。
大陸と海を隔てた本州西部、四国、九州に点々と自生しており、自生の南限地帯となっています。
指定地は、低山の西向きの斜面で、適度に乾燥しています。
丈夫な柵で囲み、草刈りを行うなどして保護増殖に努めており、4月上旬には、1000株以上のエヒメアヤメが青紫色のかれんな花を咲かせます。

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

名所・史跡
イベント開催地
自然
お土産
宿泊施設
飲食店
レジャー・体験
温泉施設

種別

国指定天然記念物

規模

1000本

時期

4月中旬~下旬

所在地

〒759-6302
山口県下関市豊浦町小串

交通アクセス

  1. JR山陰本線小串駅から車で7分

問合せ先

下関市豊浦総合支所地域政策課
〒759-6301
山口県下関市豊浦町川棚6895‐1
TEL: 083-772-4001

植物

エヒメアヤメ

ページ上部へ