観光スポット

旧山口藩庁門

  • 山口・防府エリア
  • 名所・史跡
  • 自然
  • 人物・文化

キュウヤマグチハンチョウモン

旧山口藩庁門

毛利敬親が幕末の文久3年(1863)12月に、今の県庁の位置に藩庁移転を計画し、慶応3年(1867)に竣工しました。
この門はその藩庁の正門で、脇門付薬医門で、切妻造り、平入り、本瓦葺きです。
1864(元治元)年、萩から山口への藩庁移転の際に建てられた「山口政事堂」の正門で県の重要文化財。
周囲は、当時としては最新となる西洋式城郭で固められており、その一部を構成したお堀もそのまま残されています。
県庁側の脇門は常時開かれており、自由に通り抜け可能です。
5月中旬には、お堀の周りのつつじが見ごろを迎えます。

このエリアの宿泊を探す

旧山口藩庁門

旧山口藩庁門

旧山口藩庁門

時代

江戸時代

所在地

〒753-0071
山口県山口市滝町1-1(山口県庁)

交通アクセス

  1. JR新山口駅からバスで30分
    → 県庁前バス停から徒歩で1分
  2. 中国自動車道小郡ICから車で20分

問合せ先

山口市観光交流課
〒753-8650
山口県山口市亀山町2-1
TEL: 083-934-2810

文化財

都道府県指定重要文化財

ページ上部へ