観光スポット

山口県旧県庁舎及び旧県会議事堂

  • 山口・防府エリア
  • 名所・史跡
  • 人物・文化

ヤマグチケンキュウケンチョウシャオヨビキュウケンカイギジドウ

山口県旧県庁舎及び旧県会議事堂

現在の山口県庁舎の敷地内にある近代行政建築。
建物は、後期ルネッサンス様式を基調とし、細部意匠に日本及び東洋の手法を取り入れた独創的なデザインが見られ、大正時代を代表する洋風建築です。
設計は、当代を代表する建築家である武田五一、大熊喜邦の二人が担当していて、明治期以後の近代建築の展開を考える上で極めて重要な建築といえます。
また、県庁舎と議事堂が一体となって保存されている点でも貴重です。
現在、旧県庁舎は県政資料館として、旧議事堂は議会資料館として、一般に公開されています。

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

名所・史跡
イベント開催地
自然
お土産
宿泊施設
飲食店
レジャー・体験
温泉施設

時代

大正時代

建築年

大正5年(1916年)

所在地

〒753-0071
山口県山口市滝町1-1

交通アクセス

  1. JR「新山口駅」からバスで30分
    → 「県庁前」バス停から徒歩で1分
  2. 中国自動車道小郡ICから車で20分

問合せ先

山口県政資料館
〒753-0071
山口県山口市滝町1-1
TEL: 083-933-2268

文化財

国重要文化財

ページ上部へ