観光スポット

尼子義久

  • 萩・長門エリア
  • 人物・文化

アマゴヨシヒサ

尼子義久は、戦国時代に中国地方11カ国を制圧した山陰の勇将・尼子経久の曾孫に当たります。父・晴久の代までは、出雲の守護としての威風を誇っていました。
しかし、義久の代になると毛利元就の台頭によって、本拠である出雲国に侵攻を許し、永禄9年(1566)には月山富田城が落城、ついには毛利氏の軍門に降りました。義久は安芸長田の円明寺に幽閉された後、関が原の合戦に敗れた毛利輝元の長州転封に従って、阿武町奈古に移住。この地で千石余りの給付を与えられ客分として過ごし、後に出家して「友林」と称しますが、慶長15年(1610)に70年の生涯を閉じました。
義久が帰依した光応寺の住職・恵心和尚は、義久の法号「大覚寺殿」によって寺号を「大覚寺」と改め、同寺には義久の位牌と木像が寺宝として保管されています。境内の裏山には四菱の家紋に囲まれた義久の墓が、400余年経った今もひっそりと佇んでいます。また、子孫によって保管されていた尼子氏を代表する武将・尼子経久と晴久の肖像画は、県指定有形文化財として、現在は山口県立博物館に保管されています。

このエリアの宿泊を探す

所在地

〒759-3622
山口県阿武郡阿武町大字奈古3155番地 大覚寺内
TEL: 08388-2-2127

問合せ先

阿武町役場総務課企画広報係
〒759-3622
山口県阿武郡阿武町大字奈古2636番地
TEL: 08388-2-3111
FAX: 08388-2-2090

ページ上部へ