観光スポット

古地図を片手にまちをあるこう<小串編>ある日忽然と現れた砂嘴と入海の痕跡を探してブラ散策

  • 体験スポット

コチズヲカタテニマチヲアルコウ<コグシヘン>アルヒコツゼントアラワレタサストイリウミノコンセキヲサガシテブラサンサク

慶長国絵図にも描かれている“犬の尻尾のような砂嘴”と陸地との間の入海は、開作などによってお米がとれる土地になりました。また市内の中心を流れる宇部本川(現・真締川)も、砂の丘に阻まれ増水すると氾濫していましたが、川の流れを変えることで作物がとれるようになりました。古地図で確かめながら歩いてみましょう。

【集合場所】
JR宇部新川駅前

嶋→黄幡→内唐戸・外唐戸→宇部本川(真締川)→宗隣寺→庚申塚→小串(滑坂の)地蔵尊→下条地蔵尊→鵜の島開作樋門跡→鵜ノ島 (約6,5km / 3時間20分)

マップ中のアイコン説明

名所・史跡
イベント開催地
自然
お土産
宿泊施設
飲食店
レジャー・体験
温泉施設

料金/時間/休業日

【実施日】2020年10月~2021年3月までの第2日曜
【予約】3日前までに要予約
【料金】ガイド料無料、宗隣寺龍心庭(国の名勝)拝観料300円が必要
【開始時間】9時20分
【所要時間】3時間20分

所在地

JR宇部新川駅前(集合)

問合せ先

宇部市観光・グローバル推進課
〒755-8601
山口県宇部市常盤町一丁目7番1号
TEL: 0836-34-8353
FAX: 0836-22-6083

ページ上部へ